【Googleタグマネージャ】Google広告リマケタグ設定(リニューアル版)

f:id:sumaho-design:20180906180344p:plain

前回、Google広告コンバージョンタグ(リニューアル版)をGTMで設定するやり方について書きましたが、

【Googleタグマネージャ】Google広告コンバージョンタグ設定(リニューアル版) - 勝手にSEMとその他まとめ

今回は、リニューアル版リマケタグをGTMで設定する場合についての紹介となります。

 

 まずは、リニューアル版Google広告画面の

ツール > オーディエンスマネージャー > オーディエンスソース画面で、

f:id:sumaho-design:20180906180435p:plain

「Google広告のタグ」の「タグを設定」をクリック。

 

f:id:sumaho-design:20180906180458p:plain

「このデータソースから入手できる標準のデータを収集」を選択し、user_idにチェック。

次の「ウェブサイトにタグを設定します」画面の一番下の、

f:id:sumaho-design:20180906180533p:plain

「タグマネージャを使用」をクリック。

 

f:id:sumaho-design:20180906180741p:plain

コンバージョンIDはコピーしておいてください。

 

あとはGTMでリマケタグを作成・設定していくだけです。

タグタイプはGoogle広告のリマーケティングを選択。

f:id:sumaho-design:20180906180812p:plain

 

先ほどのコンバージョンIDを入れてください。

f:id:sumaho-design:20180906180834p:plain

トリガーはすべてのページ(All Pages)にしてください。

リマケタグ自体はこれで完了なのですが、すべてのブラウザで適切にトラッキングするには、「コンバージョンリンカー」タグの追加が必要となりました。

Google広告コンバージョンタグ作成の際に作成済など、すでにコンバージョンリンカータグを作成・設定済の場合は大丈夫ですが(コンバージョンリンカータグは1つで良いです。複数設定する必要はない。)、まだ設定してない場合のみ、以下のように作成してください。

 

f:id:sumaho-design:20180906181022p:plain

 

設定画面ですが、とくに何も入力しなくて大丈夫です。

f:id:sumaho-design:20180906181122p:plain

トリガーはすべてのページ(All Pages)にしてください。

 

あとは公開して完了です。

*Google広告コンバージョンタグに関するサポートページはこちら

標準の Google 広告リマーケティング - タグマネージャ ヘルプ