【Googleタグマネージャ】Google広告コンバージョンタグ設定(リニューアル版)

f:id:sumaho-design:20180906160655p:plain

Googleアドワーズ→Google広告に名前変わりつつ、広告管理画面やタグなどもいろいろリニューアルされてます。なので今回はこのタイミングではありますがGoogle広告リニューアル版のコンバージョンタグをGTMで設定する場合についてまとめました。

 

 まずはGoogle広告リニューアル版管理画面で、コンバージョンタグを作成していきます。

ツール > 測定の「コンバージョン」 を選択し、コンバージョンアクション画面になったら「+」ボタンでタグを新規作成していきます。

コンバージョンの種類は、何を計測するかで変わりますが、今回は普通にweb問い合わせの完了ページに設定(問い合わせ完了で1CV)するということで、
「ウェブサイト」を選択。

 

f:id:sumaho-design:20180906160936p:plain

 

その後のコンバージョン名などは従来版同様に入力してください。

 

*最後の項目のアトリビューションについて

目標・考え方などによって何のモデルを選択するか変わってくると思いますが、

f:id:sumaho-design:20180906161036p:plain

現状DDA(データドリブンアトリビューション)が良いようです。が、これ使うには過去30日で何百CV数(たしか600CV)のデータが必要だったはずなので、以下のサポートページ参考にDDA以外のモデルを選択。

ニーズに最も合ったアトリビューション モデルを選択する - Google 広告 ヘルプ

基本ラストクリックか、減衰でラストKW以外にも貢献KWなど探しつつな感じでしょうか。。

 

次にインストール方法は「Googleタグマネージャ」を選択

 

f:id:sumaho-design:20180906161254p:plain

 

ここのコンバージョンIDとラベルだけコピーしておいてください。

 

f:id:sumaho-design:20180906161852p:plain

あとはこの通りにGTMで設定していきます。

まずはコンバージョンタグの作成ですが、タグはGoogle広告のコンバージョントラッキングを選択し、

 

f:id:sumaho-design:20180906161927p:plain

先ほどのID、ラベルを入力してください。

 

f:id:sumaho-design:20180906162012p:plain

 

トリガーはページビューを選択し、

f:id:sumaho-design:20180906162038p:plain

問い合わせ完了ページのURL入力してください。

 

f:id:sumaho-design:20180906162059p:plain

コンバージョンタグはこれで完了です。

 次に「コンバージョンリンカー」タグも作成していきます。

 

f:id:sumaho-design:20180906162140p:plain

設定画面ですが、とくに何も入力しなくて大丈夫です。

f:id:sumaho-design:20180906162208p:plain

 

トリガーはすべてのページ(All Pages)にしてください。

あとは公開して完了です。

 

Google広告リマケタグ作成の際に作成済など、すでにコンバージョンリンカータグを作成・設定済の場合は大丈夫ですが(コンバージョンリンカータグは1つで良いです。複数設定する必要はない)、まだ作成してない場合のみ設定してください。

 

*Google広告コンバージョンタグに関するサポートページはこちら

https://support.google.com/google-ads/answer/6095821?co=ADWORDS.IsAWNCustomer%3Dtrue&oco=0