【AdSense】スマホで広告の視認性をアップについて

f:id:sumaho-design:20161021171501j:plain

AdSense公式ブログで、「モバイルで広告の視認性を高める方法」という記事が公開されていました。PCに比べスマホは画面が小さいので「どこにどんなサイズで出せばちゃんと見られるのか」のヒントが書いてあったので紹介していきます。

 ざっくりいうと、

  • 大きめの広告にしましょう
  • 広告とコンテンツは150px以上離しましょう
  • ページ単位の広告(アンカー、全画面広告)使いましょう

という感じでした。

「320×50」を使っているなら「320×100」に、または「300×250」にするなど大きめのものに変更。またコンテンツとの間隔を調整することやファーストビューなどの視認範囲のすぐ下にすることで、誤クリック減らしつつちゃんと見られる感じになるっぽいです。ページ単位の広告については以前書いたこちらの記事も参考にどうぞ。

【AdSense】「ページ単位の広告」の使い方 - 勝手にスマホサイトまとめ(ブログ)

 

あと「広告のビューアビリティ(視認性)」ということで、ちゃんと広告がビューアブル(視認可能)としてカウントしているかの仕組みを以下デモページで確認できます。

See Active View in Action

 

ページが読み込まれて広告が出ていることになっていても、スクロールしなきゃ見えないのなら出てないのと一緒ですが、目に見えるところ(インビュー)に出て、しかも広告全体が出てはじめてビューアブル(視認可能)としてカウントされています。

諸々後回しにしてましたが、この機会にスマホページいろいろ見直そうと思いました。

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ