読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Googleタグマネージャ】UI変更とワークスペースについて

Googleタグマネージャ

f:id:sumaho-design:20160914170158j:plain

上部のメニュー名が「コンテナ」から「ワークスペース」に変わってたり、タグ作成しようとしたら今までと見た目や動きが変わってたりしたので、気になったUI変更点や新機能のワークスペースについてまとめました。

 

 ひとまず、サマリー画面のスクショです

f:id:sumaho-design:20160914170252j:plain

上部メニューの「コンテナ→ワークスペース」になってたり、左メニューに「現在のワークスペース」、真ん中に「ワークスペースの変更点」とか追加されてます。デザイン的にはとくに変わってないです。

次にタグを新規作成しようとすると、こんな感じで右からタグ設定画面が出てきます。

 

f:id:sumaho-design:20160914170406j:plain

スマホサイトのメニューボタンとか押すと、よくサイドからスライドしてくる感じのありますが、その感じです。タグ作成だけでなく、トリガー・変数・フォルダ作成や設定済みのものを編集しようとすると基本的にはこんな感じでスライドして出てきます。

ちなみにタグ名入力のところの横の「フォルダ」アイコン押すと、フォルダを選択できます。

「タグの設定」をクリックすると、タグタイプの選択が出てきます。

 

f:id:sumaho-design:20160914170603j:plain

なんか以前よりも種類が増えてるような気がしたので、一応全部掲載しておきます。

 

【おすすめ、カスタム】

f:id:sumaho-design:20160914170634j:plain

【その他】

f:id:sumaho-design:20160914170650j:plain

※サポートページに「対応するタグ」一覧のページがありました。

対応するタグ - タグマネージャ ヘルプ

 

 

この中からひとまず、アナリティクスを選択しました。

f:id:sumaho-design:20160914170739j:plain

たしか今までは「ディスプレイ広告向け機能を有効にする」のチェックボックスが独立してましたが、詳細設定メニューの中にまとめられてました。

続いて、「配信のタイミング」ですが、名前が「トリガー」になってました。

 

f:id:sumaho-design:20160914170813j:plain

ここにいつも通り、配信トリガーを設定する感じです。一応、「例外を追加」もできるようになってました。

 

 

次にワークスペースですが、左メニューの「現在のワークスペース」のところ押すと、ワークスペース一覧画面が出てきます。

 

f:id:sumaho-design:20160914170913j:plain

右上の「+」アイコンから新規作成できますが、最初から用意・設定されてる「Default Workspace」含めて最大3つ作れるみたいなので、「ワークスペース01」「ワークスペース02」追加してみました。

今まで、変更内容を反映させるには、1つのコンテナ上でタグなど作成・編集して、作成編集したところ(変更点)はすべて公開する感じでした。が、今回から、1つのコンテナ上に複数のワークスペースがあって、そのワークスペースで変更した内容についてだけ公開、ということができるようになった感じです。複数人で1つのコンテナを管理したことないので分からないですが、複数人でやる時に便利な機能?なのかもしれません。

 

しのごの言う前に、とりあえず、以下1~3の順でやってみました。

  1. ワークスペース01で、GAのタグA作成(配信は、すべてのページ)
  2. ワークスペース02で、GAのタグBとトリガーB作成
  3. ワークスペース01、02の順番に公開

 

(1)ワークスペース01で、GAのタグA作成(配信は、すべてのページ)

f:id:sumaho-design:20160914171333j:plain

f:id:sumaho-design:20160914171351j:plain

という感じで、タグをワークスペース01で作りました。

 


(2)ワークスペース02で、GAのタグBとトリガーB作成。

f:id:sumaho-design:20160914171416j:plain

f:id:sumaho-design:20160914171423j:plain

次に、タグ・トリガーをワークスペース02で作りました。

 


(3)ワークスペース01、02の順番に公開。

まず、現在のワークスペースを、「ワークスペース01」にして公開しました。で、次に「ワークスペース02」にすると、サマリーの画面に「ワークスペースの更新が必要です」というメッセージが出てるの気付きました。

f:id:sumaho-design:20160914171554j:plain

※よく見ると(2)の時も出てました。

 

一応この時点で、ワークスペース02のタグ一覧を見ると、さっきワークスペース01で公開した「タグA」は入ってません。

 

f:id:sumaho-design:20160914171604j:plain

ワークスペース更新すると他のワークスペースの変更内容が反映されると思うので、先ほどのサマリーに出てた更新メッセージをクリック。

 

f:id:sumaho-design:20160914171646j:plain

「この操作を行っても、このワークスペースで加えた変更は上書きされません」ということで、他で変更してる内容だけ反映されるはずなので更新。

その後、ワークスペース02のタグ一覧を見ると、タグAが反映されてました。

 

f:id:sumaho-design:20160914171712j:plain

で、ワークスペース02を公開。

 

ワークスペース01、02を公開すると、ワークスペース一覧から消えて、「Default Workspace」だけが残る感じになりました。現在のワークスペースも強制的に「Default Workspace」になります。

 

f:id:sumaho-design:20160914171747j:plain

この状態で、「Default Workspace」のタグ一覧を見ると、タグAもBも入ってませんでした。サマリーの画面みると、先ほどと同じように「ワークスペースの更新が必要です」とメッセージが出てたので、更新。

 

f:id:sumaho-design:20160914171834j:plain

すると、ワークスペース01、02で変更した内容が「Default Workspace」に反映されました(タグA・B、トリガーB入ってました)。

それぞれのワークスペースで「公開」した時点で、タグ配信自体はすでにされているのですが、GTMの管理画面には最終的に「Default Workspace」に全変更内容がまとまる感じでしょうか。

ひとまず、追加したワークスペースは公開すると一覧から消えるので、その都度またワークスペースを作って…という感じになると思います。複数人で管理じゃないのなら、「Default Workspace」のみで他のワークスペース作らなくていいかもな気がしました。

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ