【PPC】レスポンシブ広告の作成について

f:id:sumaho-design:20160906175208j:plain

7/29にGoogleアドワーズの公式ブログで、拡張テキスト広告とかと一緒に発表がありましたが、ディスプレイ用のレスポンシブ広告が使えるようになりました。

1つ広告つくれば自動的にいろんなサイズ(160×600とか300×250とか)に対応するだけならすでに「イメージ広告」とか「広告テンプレート > 汎用広告」とかでレスポンシブな広告は作れました。

が、今回のやつは、広告スペースに収まるよう自動的に変形されつつ、アプリやサイトに自然に溶け込むようなデザインのネイティブ広告として(新しいネイティブ広告枠に)表示され、また別のサイトではイメージ、テキスト広告として表示されるような感じになるっぽいです。。

しのごの言ってしまいましたが、レスポンシブ広告作成について紹介していきます。

 

 「広告 > レスポンシブ広告」で、この作成画面になります。

f:id:sumaho-design:20160906175407j:plain

左側の各項目入力すると、そのプレビューが右側で確認できます。

※ちなみに、上部の「拡張テキスト広告に切り替える」押すと、ディスプレイ用の拡張テキスト広告つくれます。

 

左側の各項目の広告用画像のところですが、押すと、「ウェブサイトをスキャン」「アップロード」「ストック画像の使用」が選択できます。「ウェブサイトをスキャン」で、試しにこのブログのURL入れてスキャンしてみました。

f:id:sumaho-design:20160906175505j:plain

ブログ記事で使用している画像が出てきました。右側にはロゴの候補となる画像が出てます(ブログアイコン、ファビコンが使われているっぽい)。とりあえず、ロゴはこの出てきたやつを選択しときました。

 

f:id:sumaho-design:20160906175539j:plain

「アップロード」で、広告用画像をそのままアップすることもできます。推奨サイズは「幅1,200×高628」で、最小でも「600×314」みたいです。ひとまず、「1.91:1」の比で最小サイズ以上ならいいと思います。

 

f:id:sumaho-design:20160906175611j:plain

Googleが用意している「ストック画像」からの使用もできるようです。キーワードを入力すると、それっぽいストック画像がでてきます。試しに「スマホ」で検索したらいくつか出てきたので、テキトーに選択しておきました。

あとは残りの「見出し」「広告文」など項目を入力していきます。

 

f:id:sumaho-design:20160906175641j:plain

 

という感じでテキトーに入力してみました。各項目の文字数ですが、以下の通りです。

  • 短い見出し:半角25文字(全角12文字)
  • 長い見出し:半角90文字(全角45文字)
  • 広告文:半角80文字(全角40文字)
  • 会社名:半角25文字(全角12文字)

最後に「保存」押して作成は終わりです。

で、こんな感じになりました。

 

f:id:sumaho-design:20160906175823j:plain

「ネイティブ」「イメージ」「テキスト」の3タイプがプレビューで見れるようになります。3タイプのプレビューを見ると、広告作成時の入力項目のうち、使われる項目が違っていました。

  • ネイティブ:「画像」「長い見出し」「会社名」が使われる
  • イメージ:「画像」「短い見出し」「ロゴ」「広告文」が使われる
  • テキスト:「短い見出し」「広告文」「最終ページURLのドメイン」が使われる

という感じで、いろいろ試してみてください。

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ