【Googleタグマネージャ】アドセンス「ページ単位の広告」コード設定

f:id:sumaho-design:20160508060543j:plain

 

今回はアドセンスの「ページ単位の広告」コードをタグマネージャの「カスタムHTMLタグ」を使って設定する方法を紹介します。

「ページ単位の広告」については、こちらの記事をご確認ください。

 

 まずトリガー作成して、配信するタイミングを設定していきます。

 

f:id:sumaho-design:20160508060808j:plain

 

イベントを「ページビュー」、トリガーのタイプを「ページビュー」。また、今回設定したサイトは、PCサイトとスマホサイトが別URLなので、

【PC】http://ppc-matome.com/
【SP】http://ppc-matome.com/sp/

一応、スマホサイトの時(URLにスマホサイトのURLが含まれる時)だけタグ配信するように、配信するタイミングを「url、含む、http://ppc-matome.com/sp/」にしました。

「ページ単位の広告」はスマホでアクセスした時だけ出るモバイル広告で、広告コードが入っていてもPCの時は出ませんので、今回のような別URLやレスポンシブサイト(PCもスマホも同URL)の場合、配信するタイミングは「url、含む、http://ppc-matome.com/」でもいいと思います。

 

次にタグの作成。

 

f:id:sumaho-design:20160508061120j:plain

 

「カスタムHTMLタグ」を選択し、アドセンスの「ページ単位の広告」コード

 

f:id:sumaho-design:20160508061154j:plain

 

これをコピーして、「タグを設定」の「HTML」のところに入れます。「document.write をサポートする」はチェックなし。配信するタイミングに先ほど作成したトリガーを選択してタグ保存、公開。

スマホでページにアクセスすると、

 

f:id:sumaho-design:20160508061405j:plain

 

アンカー広告出てるの確認できました。

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ