【AdSense】「ページ単位の広告」の使い方

f:id:sumaho-design:20160507043839j:plain

アドセンスの管理画面に「ページ単位の広告の紹介」というメッセージが出てました。

スマホでアクセスした時に、下の方に固定で出る「アンカー広告」と全画面に出る「全画面広告」が使えるみたいです。また「ページ単位の広告は関連性が高い場合のみ表示されるため、モバイル ユーザーは快適にサイトを利用することができます。」との事で、そこまでウザくない感じで使えるようです。

ざっくり特長としては、

  • コードを追加し、「アンカー広告or全画面広告」のどちらか一方または両方のタイプを選択するだけ。
  • サイト上のコードに再度変更を加える必要はない(常に最新のフォーマットを利用可能)。
  • 良好なパフォーマンスが得られる可能性の高いタイミングでのみ広告を表示。
  • 各ページの AdSense 広告の最大数(3つ)には加算されません。

たしか、「1ページに配置できる広告ユニットは3つまで」という制限があった気がしますが、ここに含まれない感じで使えるモバイル広告みたいです。

今回はこの「ページ単位の広告(アンカー広告、全画面広告)」の使い方の紹介をしていきます。

 

f:id:sumaho-design:20160507044059j:plain

 

使いたい広告フォーマットのステータスのところをクリックして有効にします。ダブルで使う場合はアンカーも全画面広告も有効にしてください。
次に「コードを取得」ボタンを押してコードを表示します。

 

f:id:sumaho-design:20160507044149j:plain

 

表示されたコードを、「<head>タグ内」または「<body>タグの直後」に入れます。
「<body>タグの直後」でもOKなので、Googleタグマネージャの「カスタムHTMLタグ」を使って入れましたが、タグマネージャを使用していない場合は、そのままコードを各ページに入れてください。

Googleタグマネージャでの設定方法はこちらをご確認ください
※スマホサイトとPCサイトを別URLにしてる場合は、スマホサイトの各ページにコードを入れます。レスポンシブ(PC・スマホ同じURL)の場合は普通にページにコードを入れてください。

コードを入れた後、「テストを実施」ボタンを押すと、この画面が表示されます。

 

f:id:sumaho-design:20160507044251j:plain

 

コードを入れたスマホページのURLの最後に「#googleads」を入れると、プレビューツールで広告を確認できるようになりますのでやってみましょう。
ひとまず、スマホページにアクセスしてみます。

 

f:id:sumaho-design:20160507044401j:plain

いきなり下の方にアンカー広告が表示されてました。
で、さっそくURLの最後に「#googleads」を追加したところ、

 

f:id:sumaho-design:20160507044426j:plain

プレビューツールが表示されましたが、英語すぎて何言ってるか分からなかったので、右上のところで言語を日本語に変更。
ひとまずアンカー広告は無事に表示できてるみたいです。またグリップバーをスライドすると広告消えます、との事でしたのでやってみたところ、

 

f:id:sumaho-design:20160507044503j:plain

マジ消えました。
次にモバイル全画面広告の方も確認してみます。

 

f:id:sumaho-design:20160507044525j:plain

全画面広告を表示できるこのページ上のリンク箇所とリンク数がメッセージで出てました。リンクをクリックすると、全体が黒色っぽくなり、全画面広告が表示されました。
「広告を閉じる」を押すとリンク先に移動できます。

 

という感じで設定は簡単にできました。
「良好なパフォーマンスが得られる可能性の高いタイミングでのみ広告を表示。」との事だったので常に表示されるのかは分かりませんが、試してみて下さい。

 

【追記 5/8】

PC向けサイトのページに広告コードを入れて、そのURLの最後に「#googleads」を付けてプレビューツールを確認すると

f:id:sumaho-design:20160508050723j:plain

こんな感じでやっぱりスマホじゃないと広告見れませんでした。なので、レスポンシブサイトの場合は、スマホ向けURL・PC向けURLとか考えずに普通にページにコード入れれば、スマホの時だけ広告出る感じになります。

 

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ