まだ間に合う!アプリで年賀状作成

現在、12月31日の15時で今年も残り僅かですが、まだ年賀状を作成してない&投函期限過ぎたからメールやSNSで連絡でいいや、という人向けに、「アプリで年賀状(デザイン面だけ)画像作成して、それをメールで送る方法」を紹介いたします。

※無料かつ3分くらいで作成できますが、無料なので限られたデザインだけとなります。

 

使ったアプリはコレです。

無料年賀状作成2016:Web筆まめ for iPhone

無料年賀状作成2016:Web筆まめ for iPhone

  • FUDEMAME CO.,LTD.
  • ライフスタイル
  • 無料

 iPhone版使いましたが、Android版もあるみたいです。

 

まず、「デザインから作成」を選択

f:id:sumaho-design:20151231151024j:plain

 

無料を選択

 

f:id:sumaho-design:20151231151120j:plain

 

無料で使えるデザイン一覧です。

 

f:id:sumaho-design:20151231151139j:plain

 

縦とか横のデザインがいくつかあります。カメラマーク付いてるデザインは、そこにスマホで撮った写真を入れることができるようですが、今回は写真入れないやつを選択し、最速で作ることだけを考えました。

デザインを選択した後、こんな画面になります。

 

f:id:sumaho-design:20151231151448j:plain

 

右側のところ(赤枠のところ)で、デザイン内の編集したいところを選択できます。

このままでOKであれば、右下の「メニュー」を押して「保存」「メール送信」とか選択できるのでこれで終わりですが、

今回は文章だけ編集したいと思いましたので、右側のところから文章部分を選択。

 

f:id:sumaho-design:20151231151631j:plain

 

文章の右下にあるアイコン(赤枠のやつ)で、移動やサイズ変更できるようです。

文章を編集する場合は、この状態で、下の「テキスト」を押します。

 

f:id:sumaho-design:20151231152156j:plain

 

この画面になるので、好きな文章を入れてください。

 

f:id:sumaho-design:20151231152212j:plain

 

右上の完了を押します。

文章を確認してOKなら、「メニュー」を押します。

 

f:id:sumaho-design:20151231152331j:plain

 

画像形式で保存やtwitter投稿など、好きなものを選択して終了です。

 

f:id:sumaho-design:20151231152448j:plain

 

 

無料かつ3分くらいで作成できましたので、マジ時間なくてメールやSNSで連絡でいいやという方は、残りの時間で試してみて下さい。

 

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ