読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インタースティシャル広告はもう完全に「モバイルフレンドリーではありません」

先月くらいに、アプリに関するインタースティシャル広告はどのくらいのサイズまでならOKなのか調べました。

 

 

この時は、「モバイルフレンドリーではない可能性があります」というような、一応ヤバいかもみたいなメッセージでした。また文字の色も黄色で、なんか「まだあわてるような時間じゃない」という感じでした。

「(ベータ版)」となっていたところも気になっていたし、1か月経ったからもう1回やってみるかということで、やってみました。

 

f:id:sumaho-design:20151107032819j:plain

 

前回と同じように、こんなサイズのテキトーなアプリに関するインタースティシャル広告を表示させるページを用意。

で、このページをモバイルフレンドリーテスト開始。

 

f:id:sumaho-design:20151107032903j:plain

f:id:sumaho-design:20151107032917j:plain

 

モバイルフレンドリーではありません

 

文字の色も赤になってるし、×マークもあるしで、なんかもう完全に「モバイルフレンドリーではない」というメッセージになってました。「激しくあわててください」という感じでした。

また下の方に「CMSを使用した」「第三者に作成してもらった」「自分で作成した」みたいな内容も追加されていました。ひとまず「自分で作成した」の「次へ」ボタンを押してみたところ、

 

f:id:sumaho-design:20151107033014j:plain

 

モバイルSEOに関する設定方法のページが表示されました。このガイド的なページ見て勉強してください、というようなリンク先でした。

という感じで、アプリに関するインタースティシャル広告はもう完全に「モバイルフレンドリーではありません」。

※小さめのサイズや上部・下部固定の広告も一応試しましたが、これについては「問題ありません。モバイルフレンドリーです」でした。

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ