アンサーボックス(浅草線)

ここ最近、SXO(SearchExperienceOptimization)とかユーザー体験最適化とかよく目にしますし、いろんなサイトやGoogle検索とかも見やすく使いやすく便利で、知りたい情報がすぐ手に入るようになっていってる気がします。

で、結構前からアンサーボックスと呼ばれている検索結果の上の方に出る「検索クエリに対する答え」のようなものがあり、その存在は知っていたけど、あまりそこを見ようとは思ってなかったのですが、

今朝台風とかの影響が気になってもしかして「浅草線動いてねーかも」と思いながら、運行状況しらべようと「都営浅草線」とだけ検索してみたら

f:id:sumaho-design:20150909130402j:plain


なんかまさにそれを知りたかった的な情報がアンサーボックスに出てました。
「都営浅草線」で調べて、都営線のサイトに行って、運行状況的なメニュー押して、そのページの中に遅延情報とかあるだろうからそこ見ればいいかと思ってましたが、かなりショートカットできてすぐに知りたい情報がゲットできてよかったです。これを機にちゃんとアンサーボックス見ていこうと思います。

情報を載せているサイトとかはこれによってアクセス数が減りそうな気がしますが、
ユーザーとしてはすぐに情報が手に入る方が良いですね。

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ