【Googleタグマネージャ】eコマーストラッキング設定

今回はGTMでのeコマーストラッキングタグの設定方法の紹介となりますが、タグ設定の前に、データレイヤー設定が必要となります。

ページのGoogleタグマネージャコードよりも上で、
推奨データレイヤー変数に準じてデータレイヤーを設定しておく必要があります。
https://support.google.com/tagmanager/answer/6106097?hl=ja

このデータレイヤーを購入完了ページなどのGTMコードより前に入れて置きます。

 

f:id:sumaho-design:20150831104625j:plain

タグの新規作成から、タグ種類を「アナリティクス」、アナリティクスのプロパティの「トラッキングコード」入力、トラッキングタイプを「トランザクション」にします。

配信するタイミングは、データレイヤーを入れた購入完了ページになると思いますので、そのページに配信するように設定。

・配信するタイミング:一部のページ
・変数:url
・操作:等しい(URLの最後が動的に変わるなら、「先頭が一致」)
・値:httpからのそのページURL(または動的に変わる手前までのページURL)

その後、タグ公開。
次にアナリティクスのeコマース設定を「オン」にします。

 

f:id:sumaho-design:20150831104822j:plain

「アナリティクス設定」→「eコマースの設定」→「eコマースを有効にします」を「オン」。
一応「拡張eコマースの設定」も「オン」にしておく。
その後「送信」ボタンを押して完了です。


アナリティクスの左メニューの一番下「コンバージョン」→「eコマース」の各画面から確認できます。
うまくデータが反映されていない時はもう1度データレイヤーの内容を見直してみてください。

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ