読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Googleタグマネージャ】リマーケティングタグ設定

GTMを使ったGoogleアドワーズとYahoo!プロモーション広告のリマーケティングタグの設定方法の紹介です。前回のコンバージョンタグ設定と同じような感じなので、一応こちらもご確認ください。

【Googleタグマネージャ】コンバージョンタグ設定 - 勝手にスマホサイトまとめ(ブログ)

 

まず、アドワーズ、yahoo広告の各管理画面でリマケタグを確認しておいてください。

■アドワーズ

管理画面内のメニュー「共有ライブラリ→ユーザーリスト→タグの詳細→設定方法」

■YahooのYDN

管理画面のメニュー「YDN→ツール→ターゲットリスト管理→タグ表示」から確認できます。

■Yahooのスポンサードサーチ

管理画面のメニュー「スポンサードサーチ→ツール→ターゲットリスト管理→タグ表示」から確認できます。

 

Googleアドワーズ リマケタグ設定について

f:id:sumaho-design:20150707035608j:plain

プロダクトを選択では「Google AdWords」を、タグの種類は「リマーケティング」を選択します。コンバージョンIDは、

 

f:id:sumaho-design:20150707035727j:plain

「var google_conversion_id = xxxxxx」ここの値を入力。

 

あとは配信のタイミング(ひとまず「すべてのページ」)を設定して完了。

どこのページに訪問したユーザにリマケするかという細かいページURL設定は、アドワーズ管理画面の共有ライブラリのユーザーリストで設定。

 

 

Yahoo!プロモーション広告 リマケタグ設定について

f:id:sumaho-design:20150707031121j:plain

yahoo広告のタグは「カスタムHTMLタグ」を選択します。

 

f:id:sumaho-design:20150707040329j:plain

「HTML」のところに、サイトリターゲティング用タグをそのまま貼り付けます。そして、「document.write をサポートする」にチェックを入れます。

※このスクショのコードは「YDN」のものですが、「スポンサードサーチ」も同じです。

あとは「配信するタイミング」のところ設定(ひとまず「すべてのページ」)。

どこのページに訪問したユーザにリマケするかという細かいページURL設定は、Yahooプロモーション管理画面のターゲットリスト管理で条件設定。

で保存。公開。

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ