【Googleタグマネージャ】コンバージョンタグ設定

GTMを使ったGoogleアドワーズとYahoo!プロモーション広告のコンバージョンタグの設定方法の紹介です。

まず、アドワーズ、yahoo広告の各コンバージョンタグを用意しておいてください。まだ作成してない場合は、アドワーズ管理画面内のメニュー「運用ツール→コンバージョントラッキング」から新規作成、yahoo広告管理画面のメニュー「スポンサードサーチ→ツール→コンバージョン測定→コンバージョン設定」から新規作成してください。

 

Googleアドワーズ CVタグ設定について

f:id:sumaho-design:20150707024837j:plain

まず、アドワーズのCVタグを新規作成していきます。

プロダクトを選択では「Google AdWords」を、タグの種類は「コンバージョントラッキング」を選択します。

 

f:id:sumaho-design:20150707025217j:plain

コンバージョンIDコンバージョンラベルのところを入力します。ここについては、アドワーズ管理画面で作成したコンバージョンタグの中の

 

f:id:sumaho-design:20150707025556j:plain

「var google_conversion_id = xxxxxxxxxx;」「var google_conversion_label = "xxxxxxxxxx";」の値を入力してください。コンバージョン値はテキトーに1にしてます。

あとは「配信するタイミング」のところで、「一部のページ」を選択し、

 

f:id:sumaho-design:20150707030947j:plain

お申込み完了ページやショッピングカートの最後の完了ページなどでこのCVタグが配信されるように、ページURLを設定し、完了。

 

 

 

Yahoo!プロモーション広告 CVタグ設定について

f:id:sumaho-design:20150707031121j:plain

yahoo広告のタグは「カスタムHTMLタグ」を選択します。

 

f:id:sumaho-design:20150707031235j:plain

「HTML」のところに、管理画面で作成したコンバージョン測定タグをそのまま貼り付けます。そして、「document.write をサポートする」にチェックを入れます

あとは「配信するタイミング」のところで、このCVタグが配信されるようにページURLを設定し、完了。公開。

 

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ|テキスト・イメージ広告、ランディングページまとめ