【Googleタグマネージャ】1つの同じコンテナでクロスドメイン設定

【Googleタグマネージャ】使い方 - 勝手にスマホサイトまとめ(ブログ)

【Googleタグマネージャ】1つの同じコンテナで複数サイトのタグ管理 - 勝手にスマホサイトまとめ(ブログ)

 

GTMの基本的な使い方は前に書いた記事をご確認ください。今回は「1つの同じコンテナでクロスドメイン(&サブドメイン)設定をする方法」についてです。

(1)「test.com、sample.jp」でクロスドメイン行う場合

(2)「test.com、sub.test.com、sample.jp」でサブドメイン・クロスドメインまとめて計測の場合

 

 

(1)「test.com、sample.jp」でクロスドメイン行う場合

まず、同一コンテナのコードを「test.com」「sample.jp」の全ページ「<body>直後」に入れてください。

またアナリティクスでクロスドメイン用の新しいプロパティを作成し、このトラッキングIDを「test.com」「sample.jp」の両方で使っていくかたちになります。

 

・GTMでの設定

f:id:sumaho-design:20150512174032j:plain

普通にアナリティクスのタグを作成していきます。

「トラッキング ID」には、クロスドメイン用に用意した新しいプロパティのトラッキング IDを入れます。「設定するフィールド」のところでフィールド名を「allowLinker」、値を「true」にします。「クロスドメイントラッキング」の「自動リンクドメイン」に「test.com,sample.jp」と入力。

このタグを「test.com」「sample.jp」の両方の全ページで使うので、「配信するタイミング」は「すべてのページ」にしてタグを保存、公開。

 

・アナリティクスでの設定

【参照元除外】

クロスドメイン用の新しいプロパティの「トラッキング情報」→「参照元除外リスト」をクリック。

f:id:sumaho-design:20150512182633j:plain

ここに、「test.com」「sample.jp」を追加。

 

【フィルタの設定】

「ビュー設定」の「フィルタ」をクリック。ここで、レポートのページurlの頭にドメインをつけるようにしていきます。デフォルトだとドメイン除くパスだけなので、複数サイトで同じようなパス使ってる場合、各サイトの合計値となってしまうのを避けるため。

f:id:sumaho-design:20150512183221j:plain

テキトーなフィルタ名を入力、フィルタの種類を「カスタム」、この中の「詳細」をクリック。

フィールド A -> 引用 A」のところを「ホスト名」「(.*)」

フィールド B -> 引用 B」のところを「リクエストURI」「(.*)」

出力先 -> 構成」のところを「リクエストURI」「$A1$B1」

と入力し、保存。

 

これで一通りクロスドメイン設定完了です。アナリティクスの画面で、ドメインを跨いだ計測ができるようになり、またドメインを跨いだ時のURLの後ろに「_ga=xxxxxxxxxxx」みたいなのが付くようになります。

 

 

(2)「test.com、sub.test.com、sample.jp」でサブドメイン・クロスドメインまとめて計測の場合

まず、同一コンテナのコードを「test.com」「sub.test.com」「sample.jp」の全ページ「<body>直後」に入れてください。

またアナリティクスでクロスドメイン用の新しいプロパティを作成し、このトラッキングIDを「test.com」「sub.test.com」「sample.jp」共通で使っていくかたちになります。

 

・GTMでの設定

f:id:sumaho-design:20150512184816j:plain

(1)の方で作成したアナリティクスのタグ(クロスドメイン用)をタグ1として、もう一つ、サブドメイン計測の設定を追加したアナリティクスタグのタグ2を作成していきます。 

タグ2はタグ1同様、クロスドメインに関する項目をまず入力し、追加で「フィールド名」に「cookieDomain」、値に「test.com」を入力。

※「cookieDomainの値」と「自動リンクドメイン」には「共通のホスト名」だけ入れます。「test.com、sub.test.com」は「test.com」が共通になるので、これだけを入れ、「sub.test.com」は入れない。

 

続いて、「タグを配信するトリガー」についてですが、

f:id:sumaho-design:20150512184833j:plain

「sample.jp」はサブドメインがないため、タグ1を「sample.jp」のページにのみ配信するかたちにします。また、サブドメイン設定を追加したタグ2を「test.com、sub.test.com」のページにのみ配信するようにします。それぞれタグを保存、公開。

これでGTMの設定は完了です。

 

・アナリティクスでの設定

参照元除外、フィルタを(1)と全く同じ内容で設定してください。

※参照元除外」には「共通のホスト名」だけ入れます。なので「test.com」「sample.jp」だけ入れます。

これで一通りサブドメイン・クロスドメインまとめて計測する設定完了です。