読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Googleタグマネージャ】1つの同じコンテナで複数サイトのタグ管理

Googleタグマネージャ

【Googleタグマネージャ】使い方 - 勝手にスマホサイトまとめ(ブログ)

 

基本的な使い方は前回の記事に書きましたのでご確認ください。今回は「1つのコンテナで複数サイト用のタグを使う方法」についてです。

通常、1サイト1コンテナ用意するかたちになりますが、タグ配信トリガーで配信先を変えることによって、複数サイト1コンテナで済みます。

 

 

「test.com、sample.com」の各アナリティクス計測を1コンテナでやる場合

まず、同じコンテナのコードを「test.com」「sample.com」の全ページ「<body>直後」に入れてください。

 

(1)「test.com」のアナリティクスのタグ用意、配信設定

f:id:sumaho-design:20150415112021j:plain

まず、先日の記事の通り「test.com」のアナリティクスのタグ作成していきます。配信するタイミングを「一部のページ」にします。

 

f:id:sumaho-design:20150415112446j:plain

「新規」を押して、名前入力、変数を「url」、操作を「含む」、値を「http://ドメイン」にして作成し、これのみを選択します。URLにこの値が含まれるときこのタグが配信されるようになります。

 

 

(2)「sample.com」のアナリティクスのタグ用意、配信設定

f:id:sumaho-design:20150512171659j:plain

同様に「sample.com」のアナリティクスのタグ作成していき、配信するタイミングを「一部のページ」にします。「新規」を押して、名前入力、変数を「url」、操作を「含む」、値を「http://ドメイン」にして作成し、これのみを選択。

 

(3)公開

f:id:sumaho-design:20150415113745j:plain

1つのコンテナの中に「test.com」「sample.com」配信用の2つのタグを作成しました。配信トリガーにもそれぞれのものが設定されています。あとは右上の公開ボタンで今すぐ公開します。

 

(4)確認

「test.com」「sample.com」の各アナリティクスのリアルタイムレポート等で計測できていれば大丈夫です。

 

勝手にスマホサイトまとめ|スマホサイトとjQueryMobileのまとめ

勝手にリスティング広告まとめ